全7種類を徹底チェック! クレンジング剤の種類と選び方

2018年10月23日

全7種類を徹底チェック! クレンジング剤の種類と選び方



皆さんはどんなアイテムでクレンジングしていますか?
クレンジング剤には全部で7種類あるんです。

今使っているアイテムが本当にあなたに合っているのか気になりますよね。
今回はそんなクレンジング剤の種類と選び方をチェックしていきましょう。


1.クレンジング剤の種類



まずはクレンジング剤の種類について、おさらいしておきましょう。
クレンジング剤には下記の7種類があります。

@オイル 
Aリキッド 
Bジェル 
Cクリーム 
Dミルク 
Eシート 
Fアイメイクリムーバー

アイメイクリムーバーはその名の通り、アイメイクを落とすための専門のクレンジング剤です。

アイメイクを落とすクレンジングを使う女性

それ以外のクレンジング剤はメイク全般を落とすことができます。
シートは水がなくてもメイク落としができるので、外出先や旅先でも便利なアイテムです。


2.クレンジング剤の選び方でチェックしたいポイント



洗浄力の強さでは早速クレンジング剤の選び方を見ていきましょう。
一つ目のキーワードは、洗浄力の強さです。しっかりメイクをしている方やメイクをすっきり落としたい方には洗浄力の強いオイルやシートがオススメ。

オイルは油分がメイクにしっかり密着して落としてくれますし、シートは洗浄成分が入ったシートで直接拭き取るので、自分で“メイクが落ちる”感触を感じられるという点が魅力です。


3.肌に負担がかからないものを選ぶ

 

クレンジング剤選びの二つ目のキーワードは肌への負担。
特に肌トラブルに悩んでいる方や敏感肌の方にとっては、洗浄力よりも肌への負担の少なさが重要視したいポイントですよね。

クレンジング剤の中で肌への負担が少ないものは、ミルクやクリームといったとろっとしたテクスチャーのもの。

肌への負担が少ないクリームタイプのクレンジング

洗浄力は劣るものの、肌への刺激が少ないタイプです。
ジェルやリキッドタイプは、洗浄力、肌への負担とも平均的な、中立の存在。メイク落としのパワーと肌への負担のバランスの良いタイプだといえます。


4.自分にあったクレンジング剤を



メイク落としのためのクレンジング剤には7つの種類があり、それぞれ洗浄力と肌への負担の大きさに違いがあります。

自分に合ったクレンジング剤選びをする女性

しっかり落としたいからオイルやシート、肌にやさしく洗いたいからミルクやクリーム。
あるいは、目元のメイクだけきっちり落として、その他は肌にやさしいのが良いという方はアイメイクリムーバー+リキッドなど、自分に合ったクレンジング剤選びをしたいものです。

それぞれの感触や洗いあがりを試してみたいという方は、トラベルキットやトライアルキットなどの少量のもので試してみて、自分に合う種類を見つけてみるのもいいかもしれませんよ。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する