2017年01月

エイジングケアとナールスゲンの関係

2017年01月30日

エイジングケアとナールスゲンの関係



ほうれい線、目元・口元のしわ、たるみ、しみ、エイジングとともに増えるお肌トラブルに本当に良いエイジングケア世代向け化粧品ってどんなものでしょうか?

エイジングケアを本気で考えて、お肌のハリやツヤを維持し、健やかで美しい素肌のままでいるために、選びたい本当に良いエイジングケア化粧品。

エイジングケアをする女性

あなたも、そんなエイジングケア化粧品を正しく選んで正しく使えればウレシイですね。
そんな、エイジングケア化粧品が良いかどうかのポイントはご存知でしょうか?

え?知らない?
では、あなたにとって適切なエイジングケア化粧品を選ぶための5つのポイントをご紹介します。

また、最新の成分であるナールスゲン配合のエイジングケア化粧品も取り上げます。
あなたにピッタリのエイジングケア化粧品を選んで正しいエイジングケアの実践が美肌の近道。

ぜひ、正しいエイジングケア化粧品を選んでくださいね。
20代の前半は大丈夫でも、アラサーになればエイジングは始まっています。

できれば若いときからエイジングケアを始めるほうが効果は高いのです!
でも、50歳でも60歳でも大丈夫!

いくつになっても遅すぎるということはありません。
そんなエイジングケアのためには、お肌の老化にアプローチが大切。


1.お肌の老化の7つの原因



老化で悩む女性

お肌の老化には、様々な原因が。

・紫外線による光老化
・お肌の酸化
・お肌の乾燥
・コラーゲンやエラスチンなどの減少
・表皮の機能低下によるバリア機能の低下
・ターンオーバーの遅れ
・皮膚が薄くなる

に気をつけましょう。


2.エイジングケアにナールスゲン



エイジングケアは、この7つのお肌の老化のいずれかまたは複数に対策すること。
そして、それをサポートするエイジングケア化粧品が良いコスメです。

ビタミンC誘導体、レチノール、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど多くの成分がありますが、これらだけではエイジングケアはできません。

一方、京都大学と大阪市立大学で共同研究によって、開発されたエイジングケア化粧品成分であるナールスゲンはどうでしょうか?
ナールスゲンは、分子量331.26ドルトンという極めて小さな水溶性成分です。

・お肌に浸透しやすい
・安全性についても問題が無い

こともエイジングケアにはプラス。

ナールスゲン化粧品を使う女性

特徴は、

・線維芽細胞を守り紫外線による光老化を抑える
・抗酸化物質であるグルタチオンを増やす
・お肌の水分量を維持する
・線維芽細胞を活性化し、真皮のコラーゲン、エラスチン、 HSP47を増やす
・表皮の傷の治癒を助けるはたらきがありバリア機能維持をサポート

ということが科学的に証明されているのです。
すなわち、ナールスゲンは、エイジングケア化粧品成分としてはとても優秀。

あなたもエイジングケアのためにナールスゲン化粧品を使ってみてはいかがでしょうか?


3.エイジングケアのまとめ



どんな良いエイジングケア化粧品でもそれだけでは正しいエイジングケアはできません。
お肌の老化を防ぐためには、エイジングケアは食べ物や日常生活も正しく行いましょう。