2018年08月

クレンジングジェルのメリット・デメリット

2018年08月26日

クレンジングジェルのメリット・デメリット



クレンジングジェルのメリットとデメリットを考える上で重要なのは、その種類に着目することです。
大きく分けて、「水性・油分配合」と「水性・油分不使用」の2種類が話題に上がりやすいでしょう。

肌荒れ症状に悩む女性にとって、オイルは皮膚への摩擦を強める一方で、クレンジングに欠かせない成分という印象がありますが、そのとおりです。
さっそく詳しいクレンジングジェルのメリット・デメリットを比較していきましょう。

クレンジングジェルのメリット・デメリットを知りたい女性


1.クレンジングジェルのメリット



クレンジングジェル全般に関するメリットは、肌への摩擦を最小限にとどめて使える点で、洗い上がりもさっぱりとしているところですね。

特に水性のオイルフリータイプなら、2度続けての洗顔も必要なく、肌荒れを悪化させないために手早くクレンジングしたい女性にはピッタリです。

加えて、クレンジングジェルは細かいファンデーションの粒子を絡めとってくれるため、粉末タイプの化粧品の沈着を防ぐ効果も期待できます。

●クレンジングジェルのメリット一覧

・乾燥肌・ハリのない皮膚へのマッサージ効果が見込める
・リキッドタイプのような油分によるベタつきがない
・界面活性剤の配合量が少なく低刺激


2.クレンジングジェルのデメリット



一方、クレンジングジェルのデメリットは、油分の強いメイクが落ちにくい点にあります。
オイルタイプに比べて洗浄力が弱く、人によっては部分的に違う製品を使わないと汚れを落としきれないこともあるでしょう。

クレンジングジェルの洗い残しが気になる女性

クレンジングジェルで肌荒れを防ぎたいと思っている女性は多いでしょうが、選ぶ製品によっては、毛穴の詰まり・色素沈着を起こして皮膚炎に発展するケースも…。

油分の少ないクレンジングでは、油分の強いマスカラ・アイブロウ・アイラインを上手く落とすことはできません。

こうした性質を考えた時、クレンジングジェルでも適度な洗浄力を持つ製品を選ばなければならないことがわかりますね。

●クレンジングジェルのデメリット一覧

・熱を加えないと油性の汚れが落ちにくい
・洗浄力がオイルクレンジングに劣る
・高級アルコールなどが含まれる場合は、肌荒れを誘発する

このように、クレンジングジェルも一長一短なのです。
日頃からメイクをしない女性ならばおすすめできますが、下地からバッチリ化粧をする人ならば、製品選びに注意する必要があります。

肌荒れを防ぐクレンジングとは?

2018年08月15日

肌荒れを防ぐクレンジングとは?



肌荒れを防ぐクレンジングとは、どんなものでしょうか。

肌荒れを防ぐために必要なのは、皮膚にやさしいクレンジングです。
パッケージデザインなど表面的な印象だけで製品選びをしている人は要注意。

あなたが思っているよりも、肌荒れの原因は根が深く、クレンジング料に入っている成分次第で新たな皮膚トラブルを起こしかねません。

クレンジング料での肌トラブルに悩む女性

そこでポイントとなるのは、肌荒れを防ぐクレンジングの極意を学び、自分の皮膚を傷めない製品を選びたいこと。
今回は、肌荒れを防ぐクレンジングについて解説します。


1.クレンジングによって肌荒れを起こす3つの原因



せっかくお気に入りのクレンジングを購入したのに、いざ使ってみると肌荒れを起こしたということはありませんか?
クレンジングによって肌荒れを起こす原因は、大きく分けて3つあります。

●クレンジングで肌荒れを起こす原因3選

・配合成分が合わない
・皮膚に摩擦を加えすぎている
・使用頻度が多い

クレンジングの配合成分が合わないことはもちろん、間違った方法や使用頻度でも肌荒れは起こります。

間違った方法でクレンジング料を使う女性

また、いずれも保湿力や必要な皮脂を落とす原因になりますので、肌が炎症を起こしたり、油分を取り戻そうとオイリーになります。


2.肌荒れを防ぐクレンジングの極意



適当に選んだクレンジングは、新たな肌荒れを起こす元となるだけであることがわかりましたね。
肌荒れを防ぐためには、配合成分・方法・使用頻度に注意してクレンジングをすること。

1)肌荒れを防ぐクレンジングは「低刺激」


・高級アルコール不使用
・パラペンフリー
・ラウリル硫酸ナトリウム不使用

まずは、肝心なクレンジングの成分。
上記3つが、パッケージ裏に表記されていないことを確認してから購入しましょう。

2)肌荒れを防ぐクレンジングは「摩擦しない」


クレンジングにおいて肌の摩擦を避けられないのは、オイルタイプを使っているからです。

肌への摩擦には注意

そのままでは、必要な皮脂が失われて乾燥がひどくなってしまいます。

・摩擦の多いクレンジング オイル(リキッド)タイプ、シートタイプ
・摩擦の少ないクレンジング クリームタイプ、泡タイプ、ジェルタイプ

何気なく購入されているクレンジングは、いくつかの種類に分かれています。
最も安価で多く出回っているオイル(リキッド)タイプを使う女性も多いでしょう。

しかしこれは、肌にかかる摩擦の多いクレンジングです。
ゴシゴシとこするたびに、本来必要な成分まで削ぎ落としているのです。