30代の化粧水の選び方

2018年10月12日

30代の化粧水の選び方



20代ではみられなかった肌の老化症状を目にしたとき、30代女性の多くはエイジングケアを考え始めます。
その際に最も気になる基礎化粧品は、化粧水にほかなりませんね。

ひと昔前のようなみずみずしい肌を取り戻すには、どのような成分が必要なのか。
あるいは、化粧水の中でも、使用を控えたほうがよい製品はあるのか。

今回は、エイジングケアを考える30代の女性のための化粧水の選び方について解説します。

30代で化粧水を使う女性


1.30代が化粧水で解消したい肌トラブルとは



30代になると、20代と同じ化粧水では、肌を十分に保湿できなくなります。
その理由は、皮膚の表皮の内側にある真皮の水分保持力が低下するためです。

冬時期以外でも、乾燥肌に悩まされてはいませんか?
大きく減少する保湿成分は、皮脂膜・角質細胞間脂質・NMF(天然保湿因子)の3種類。

これらは、肌本来の水分保持力を維持するために役だつ成分で、不足すれば乾燥やバリア機能の低下から皮膚を守れなくなります。

●皮脂膜・角質細胞間脂質・NMFが足りない30代の肌トラブル

・乾燥で肌がカサつく
・かゆみ、かぶれ
・赤ら肌
・小ジワが目立つ
・化粧ノリが悪くなる

こうした肌悩みの解消に効果的な化粧水を使うことで、30代から始まるエイジングを対策することができるのです。

30代で化粧水の選び方に迷う女性


2.30代の化粧水の選び方



肌本来の水分量が減ることにより、30代女性は、乾燥を中心とする肌トラブルに見舞われます。
そこで必要になるのは、“肌の奥まで浸透し、健康的な皮膚を増やす化粧水”。

つまり、皮膚の角質層部分をしっかりと保湿するだけでなく、乾燥肌対策も同時に叶える化粧水を選ぶことが大切です。

バリア機能の図

●30代の保湿/乾燥肌対策におすすめの化粧水成分

30代の化粧品選びにおいて重視すべきなのは、化粧水にグリセリン、BG、セラミドが含まれているかどうかです。
3種類それぞれの成分のスキンケア効果について、下記にまとめてみました。

・グリセリン 水溶性で比較的高い保湿効果があり、ヒアルロン酸やコラーゲンとの相性が抜群。
・BG     保湿に必要な水分を吸着させる働きをもつアルコール成分
・セラミド 角質細胞間脂質を生成し、バリア機能を強くする

この3種類の成分を配合した化粧水に加えて、美容液や乳液でヒアルロン酸・コラーゲンを補給するのが、30代女性におすすめのスキンケア方法です。

真皮の乾燥を保湿成分で改善することはできませんが、その分、健康的な皮膚の生成で対策をとることを考えましょう。

50代におすすめの化粧水

2018年10月07日

50代におすすめの化粧水



この記事は、50代のおすすめの化粧水をご紹介します。

50代で化粧水を使う女性


1.50代で化粧水に興味のある方へ



「20代までは、化粧水を塗り忘れても肌はきれいなままだった」
「でも、30代〜40代にかけてシミやシワが目立つようになった…」

そうして50代を迎えた女性は、加齢やホルモンバランスの乱れによる肌荒れが、日に日にひどくなっていることでしょう。
肌のターンオーバーは乱れ、バリア機能も低下していく一方…。

そんな老化の深刻な50代だからこそ、基礎化粧品を見直すことをおすすめします。
今回は、50代におすすめの化粧水について解説します。


2.50代の肌荒れ症状に合わせて化粧水を選ぶのがおすすめ



シミ・シワのケアに加えて、50代女性が意識すべきは「更年期の肌荒れ対策」です。
加齢が進むほどに女性ホルモンのエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れてしまうわけですが、このタイミングでスキンケアをしなければ肌荒れはさらに悪化します。

肌悩みのある50代女

●更年期による50代の肌荒れ症状

・乾燥による粉ふき、かゆみ、赤み
・たるみによるシワ
・ターンオーバーの乱れによるくすみ

このような肌荒れ症状が出た場合、化粧ノリが悪くなるほか、実年齢よりも老けてみられることが増えます。
若い女性とは無縁の更年期障害による肌荒れは、50代からのケアが必要不可欠なのです。


3.保湿力が高くシミ・シワ対策に効果的な化粧水が50代向き



エイジングの進行した肌にメイクを施しても、見た目はイマイチです。
化粧は浮いてしまいますし、周囲からの印象も良いとは言えません。

そこでまずは、土台となる肌質を若返らせるための化粧水を使うことが大切です。
保湿力の足りていない50代女性の肌には、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンを配合した化粧水がおすすめ。

この3つの成分は、乾燥した角質層にうるおいを与え、肌のハリと弾力の底上げを行うとともに、健康的な皮膚を保ち続けるための栄養素です。




4.エイジングが深刻な50代女性には「ビタミンC誘導体入り化粧水」



アンチエイジング効果のある成分として、現在、ビタミンC誘導体(APPS)が最も注目を浴びています。
ビタミンC誘導体(APPS)化粧水は、肌のハリと弾力の底上げに必要なコラーゲンの生成を促進し、50代女性の悩みであるシワやたるみを解消する効果があります。

50代はビタミンC化粧水がおすすめ

ただし、敏感肌の女性がビタミンC誘導体(APPS)配合の化粧水を使った場合、かゆみやかぶれを起こすことがあります。
その際は使用を中断し、ほかの化粧水と合わせて使うことをおすすめします。

人気の商品を集めたサプリメントのランキング

2018年09月04日

人気の商品を集めたサプリメントのランキング



アンチエイジングや健康がブームとなっており、健康な体つくりの為に役立つ商品やサプリメントに関する情報は日々数え切れないほど多く発信されています。

サプリメントだけでなく、ジョギングやウォーキング、体にいい食事など、健康面に配慮する人が増加しています。
市場に出回っているサプリメントの種類も増加しており、人気のサプリメントを紹介するようなサイトもあります。

日本の平均寿命は世界の中でも高い部類に入りますが、健康寿命という考え方が広まりつつあり、年をとっても健康な体でいたいという気持ちを持っている人が、最近は特に多くなっているようです。

年をとっても健康な体でいたい女性

核家族化、単身世帯が増えたことで、外食や総菜の利用率が多くなったり、時間外勤務をする人が増えて、いつも決まった時間に食事ができていないという人もいるのが、現代の問題です。

健康に対する関心が高まっている反面、日々の食生活だけでは不足している栄養素が多いことが、サプリメントを使った栄養摂取が注目を集めている理由になっています。

サプリメント商品のランキングを見てみると、1回の利用で多くの栄養素を補給できるマルチビタミン系のサプリメントが人気となっています。

日々の食事だけでは欠乏しやすい亜鉛が摂取できるサプリメントや、疲れた体に効果があるというクエン酸のサプリメントも人気があります。

また、女性ホルモンのはたらきをするエクオールのサプリメントは、エイジングケア世代の女性に人気です、

エクオールサプリメントを飲む女

ドラッグストアなどでは、サプリメント専用のコーナーが設置されていて、たくさんの人がサプリメントを使っていることが伺い知れます。

そのサプリメントの効果についてわかりやすく解説したポップがついていたり、サプリメントの試供品が配られていたりと、気軽に買えるようになっています。

ドラッグストアのサプリメント販売棚を見れば、人気のある商品がどれで、どんな効果があるかが、大体知ることができます。
健康に役立つ栄養素を速やかに体内に取り入れることができるサプリメントは、これからも人気を維持するでしょう。

クレンジングジェルのメリット・デメリット

2018年08月26日

クレンジングジェルのメリット・デメリット



クレンジングジェルのメリットとデメリットを考える上で重要なのは、その種類に着目することです。
大きく分けて、「水性・油分配合」と「水性・油分不使用」の2種類が話題に上がりやすいでしょう。

肌荒れ症状に悩む女性にとって、オイルは皮膚への摩擦を強める一方で、クレンジングに欠かせない成分という印象がありますが、そのとおりです。
さっそく詳しいクレンジングジェルのメリット・デメリットを比較していきましょう。

クレンジングジェルのメリット・デメリットを知りたい女性


1.クレンジングジェルのメリット



クレンジングジェル全般に関するメリットは、肌への摩擦を最小限にとどめて使える点で、洗い上がりもさっぱりとしているところですね。

特に水性のオイルフリータイプなら、2度続けての洗顔も必要なく、肌荒れを悪化させないために手早くクレンジングしたい女性にはピッタリです。

加えて、クレンジングジェルは細かいファンデーションの粒子を絡めとってくれるため、粉末タイプの化粧品の沈着を防ぐ効果も期待できます。

●クレンジングジェルのメリット一覧

・乾燥肌・ハリのない皮膚へのマッサージ効果が見込める
・リキッドタイプのような油分によるベタつきがない
・界面活性剤の配合量が少なく低刺激


2.クレンジングジェルのデメリット



一方、クレンジングジェルのデメリットは、油分の強いメイクが落ちにくい点にあります。
オイルタイプに比べて洗浄力が弱く、人によっては部分的に違う製品を使わないと汚れを落としきれないこともあるでしょう。

クレンジングジェルの洗い残しが気になる女性

クレンジングジェルで肌荒れを防ぎたいと思っている女性は多いでしょうが、選ぶ製品によっては、毛穴の詰まり・色素沈着を起こして皮膚炎に発展するケースも…。

油分の少ないクレンジングでは、油分の強いマスカラ・アイブロウ・アイラインを上手く落とすことはできません。

こうした性質を考えた時、クレンジングジェルでも適度な洗浄力を持つ製品を選ばなければならないことがわかりますね。

●クレンジングジェルのデメリット一覧

・熱を加えないと油性の汚れが落ちにくい
・洗浄力がオイルクレンジングに劣る
・高級アルコールなどが含まれる場合は、肌荒れを誘発する

このように、クレンジングジェルも一長一短なのです。
日頃からメイクをしない女性ならばおすすめできますが、下地からバッチリ化粧をする人ならば、製品選びに注意する必要があります。

肌荒れを防ぐクレンジングとは?

2018年08月15日

肌荒れを防ぐクレンジングとは?



肌荒れを防ぐクレンジングとは、どんなものでしょうか。

肌荒れを防ぐために必要なのは、皮膚にやさしいクレンジングです。
パッケージデザインなど表面的な印象だけで製品選びをしている人は要注意。

あなたが思っているよりも、肌荒れの原因は根が深く、クレンジング料に入っている成分次第で新たな皮膚トラブルを起こしかねません。

クレンジング料での肌トラブルに悩む女性

そこでポイントとなるのは、肌荒れを防ぐクレンジングの極意を学び、自分の皮膚を傷めない製品を選びたいこと。
今回は、肌荒れを防ぐクレンジングについて解説します。


1.クレンジングによって肌荒れを起こす3つの原因



せっかくお気に入りのクレンジングを購入したのに、いざ使ってみると肌荒れを起こしたということはありませんか?
クレンジングによって肌荒れを起こす原因は、大きく分けて3つあります。

●クレンジングで肌荒れを起こす原因3選

・配合成分が合わない
・皮膚に摩擦を加えすぎている
・使用頻度が多い

クレンジングの配合成分が合わないことはもちろん、間違った方法や使用頻度でも肌荒れは起こります。

間違った方法でクレンジング料を使う女性

また、いずれも保湿力や必要な皮脂を落とす原因になりますので、肌が炎症を起こしたり、油分を取り戻そうとオイリーになります。


2.肌荒れを防ぐクレンジングの極意



適当に選んだクレンジングは、新たな肌荒れを起こす元となるだけであることがわかりましたね。
肌荒れを防ぐためには、配合成分・方法・使用頻度に注意してクレンジングをすること。

1)肌荒れを防ぐクレンジングは「低刺激」


・高級アルコール不使用
・パラペンフリー
・ラウリル硫酸ナトリウム不使用

まずは、肝心なクレンジングの成分。
上記3つが、パッケージ裏に表記されていないことを確認してから購入しましょう。

2)肌荒れを防ぐクレンジングは「摩擦しない」


クレンジングにおいて肌の摩擦を避けられないのは、オイルタイプを使っているからです。

肌への摩擦には注意

そのままでは、必要な皮脂が失われて乾燥がひどくなってしまいます。

・摩擦の多いクレンジング オイル(リキッド)タイプ、シートタイプ
・摩擦の少ないクレンジング クリームタイプ、泡タイプ、ジェルタイプ

何気なく購入されているクレンジングは、いくつかの種類に分かれています。
最も安価で多く出回っているオイル(リキッド)タイプを使う女性も多いでしょう。

しかしこれは、肌にかかる摩擦の多いクレンジングです。
ゴシゴシとこするたびに、本来必要な成分まで削ぎ落としているのです。

< 1 2 3 4 5 >